自作でAndroidのオリジナルスマホケースを作成しよう!

ブログ
2021-01-26
自作でAndroidのオリジナルスマホケースを作成しよう!のヘッダー画像

皆さん、Androidのスマホケースを自作したことはありますか?
自分好みのオリジナルスマホケースが作れるとしたらデザインや実用性にはこだわりたいですよね。


Androidのスマホケースは意外にも簡単に自作することができますが注意点もあります。
今回はAndroidスマホケースを自作するメリットや注意点についてご紹介します!

これからAndroidのスマホケースを自作しようと考えている方は是非、こちらを参考にしてみてください。


Androidスマホケースを自作するメリット

一言でAndroidスマホケースを自作するメリットと言ってもその内容は様々ですので簡単にご紹介します。

お気に入りのデザインでスマホケースが作れる

当たり前ですが、スマホケースを自作するということは自分だけのスマホケースを作れるということです。

既製品のスマホケースを家電量販店やAmazonなどのネットショップで購入しようとした際、なかなか気に入ったデザインが見つからないという経験がある方も少なくないはずです。

スマホケースを自作すると行った場合、自由に一からデザインを行うことができるのでお気に入りのデザインを作成することができます。

対応機種を気にしなくて良い

こちらも当たり前のことですが、自分が使用するAndroid機種に対応したスマホケースを作成することになりますので対応機種が合わないという心配はありません。

家電量販店などでは特に、Android機種対応のスマホケースの種類が少ないことが多いです。気に入ったデザインがあっても自分のスマホには対応していないということも、自作であれば気にしなくて大丈夫です。

この点も大きなメリットなのではないでしょうか。

他人とデザインが被りにくい

市販のスマホケースを購入する際に比べて、自作でスマホケースを作成する際は他の人とデザインが被ることは少ないです。

他人と同じデザインのスマホケースが嫌という方にスマホケースを自作することはおすすめです。


既製品より安く購入することもできる

ハンドメイドでスマホケースを作成する際には100円ショップなどで材料を購入することができるため、既製品より安い価格でスマホケースを購入することも可能です、

また、オーダーメイドサービスを使ってスマホケースを作成する場合にも、市販で購入するより安く作成できることもあります。


既製品より愛着が湧きやすい

一から自作したスマホケースは既製品を購入した場合に比べて愛着が湧きやすいです。

素材やデザインにこだわり、一から作成したとなれば思い入れも強くなりますよね。愛着が湧き大切に扱うことでスマホケースを長く使用することもできます。


Androidスマホケースを自作する際の注意点

Androisスマホケースを自作するメリットは先ほどご紹介したように様々ですが、自作にあたり注意すべきこともあるので是非こちらもご確認ください。

デザイン性だけを重視しすぎない

自作でAndroidスマホケースを作成する際、デザイン性にこだわりたいと思うのは当然だと思いますが、デザイン性だけを追求した結果実用性がなくなってしまったということにならないように注意が必要です。

スマホケースをインテリアとして活用することが目的であれば、デザイン性だけを重視しても問題ありませんが、実際にスマホに装着して使用するとなるとやはり実用性を考慮に入れなければなりません。

ハンドメイドで過度に派手な装飾を施した結果、スマホケースが重くなったり持ちにくくなってしまうとがっかりするので注意が必要です。

Androidのスマホケースを自作する際にはデザイン性を重視しつつも実用性も考慮に入れて作成することもおすすめします。

価格だけで選ばない

ハンドメイドで自作する場合もオーダーメイドサービスで自作する場合も、価格だけで素材やサービスを選ばないことが重要です。

予算の都合上あまりお金を掛けられないという場合もしっかり下調べ等をしましょう。ハンドメイドであれば土台となるスマホケースをどこで購入するのがおすすめなのか、オーダーメイドサービスであれば口コミなどを確認しましょう。

価格が安いからという理由だけで素材やサービスを選んだ場合、すぐに壊れてしまった等の失敗をしてしまうことがあるので注意が必要です。

カメラ穴やボタン部分に気をつける

ハンドメイドで自作する場合、カメラ穴を開け忘れてしまったり操作ボタン部分に装飾を施してしまったりといった失敗もあります。またオーダーメドサービスで自作する場合には、カメラ穴付近やボタン付近は印刷がズレやすくなっているためこちらも注意が必要です。

ハンドメイドの場合もオーダメイドサービスを利用する場合もどちらもカメラ穴や操作ボタンのデザインには注意してください。


まとめ

Androidのスマホケースを自作する場合には、デザイン性だけではなく実用性もしっかり考慮に入れて作成しましょう。また価格だけで自作する素材やサービスを選んでしまうと失敗する可能性もあるのでしっかり下調べを行ってから自作することをおすすめします。

デザインケースではおよそAndroid機種350種類に対応しております。写真一つで簡単にスマホケースを自作することができます。また、無料でご利用いただけるデザインも多数ご用意しているため使いたい写真やデザインのアイデアが思い浮かばないという方もご安心ください。

Androidスマホケースを自作をご検討されている方は是非一度デザインケースアプリをダウンロードしてみてください。

ダウンロードはこちらから
オリジナルスマホケースを作ろう「デザインケース」