Blogスマホ知識

【汎用型ケースの粘着部分を復活させる方法】

今人気の汎用型ケース。

全機種対応であることや、付け外しできることもあり、愛用している方も多いのではないでしょうか。

しかし、本体の付け外し可能とはいえ、何回も付け外しすることにより、ケースの粘着部分が汚れてきてしまいますよね。

今回は、汚れてしまった粘着部分を綺麗にする方法をご紹介します♫

お気に入りのケースを長くお使いいただくためにも、必見です!

 

汎用型ケースを使用しているうちに……

長い間使っていると、写真のように汚れが付着してしまいますよね。

見た目が汚くなってしまうだけでなく、粘着力も低下してしまいます。

なんとかして綺麗にしたいところですね!

1.水で洗う

①なんと用意するのは水のみ!ケースごと洗うことは難しいので、小皿に用意するのをお勧めします。

②指で水を少量ずつちょんちょんと付けていきます。みるみるうちに綺麗になっていきますね!

③必ず自然乾燥させます。ドライヤーなどで乾かすのは変形する恐れがあるのでおやめください。

2.透明のケースを貼り付ける

万が一1.の方法でも粘着力が戻らない場合、両面テープなどで透明ケースを貼り付ける方法もあります!

ケース自体の強度も上がり、一石二鳥……?

①用意するのは透明ケースと両面テープです。透明のケースは100円ショップでもお買い求めいただけます。

②両面テープを貼ります。1.の方法で粘着部分を水で洗って自然乾燥させてからですと綺麗に貼れます。

③透明ケースを貼り、密着させれば完成です。貼る際にカメラ穴が塞がらないようにご注意ください。


いかがでしたか。

便利な汎用型ケース、長く使えるようにぜひお試しください!