未分類

シリコンケースのベタベタを落とす効果的な方法3選

シリコンケースのベタつき問題

シリコンのスマートフォンケースには切っても切れない問題、『ベタつき』

1度ベタつくともう元には戻らないと思い、大切なスマートフォンケースを捨ててしまっている方も多いのでは無いでしょうか?

 

実はベタつきはある方法により、、、

 

落とせます!

 

本記事ではそんなシリコンケースのベタつきの落とし方をご紹介していきます。

なぜベタつきが起きてしまうのか

買ったばかりの頃は気持ちのいい肌触りのシリコンケースが何故、暫くするとベタつき始めるのかと言うと『経年劣化による加水分解』と言う原因が挙げられます。

 

加水分解とは何かと言うと水分が加わる事によって分解が起こる化学反応で、シリコン製品には避けられない問題です。加えて日本の夏は高温多湿な為、より加水分解を起こしやすいというジレンマを抱えています。

 

そこでシリコン製品には定期的にベタつきを落とすメンテナンスが必要になります。

 

次の項目からは具体的なベタつきの落とし方を解説していきます。

シリコンケースベタつきの落とし方

 

本記事では身近な道具を使ったベタつきの落とし方を3つご紹介して行きます。

①消しゴム

消しゴムでのシリコンケースのベタつきの落とし方としてはとにかく擦ります!

擦るにつれベタつきは除去されていきます。

 

ただ、最も手軽なベタつきの落とし方ではあるのですが頑固なベタつきに関しては落とせない事もあるので軽いベタつきに有効な方法です。

②エタノール

エタノールでのベタつきの落とし方としてはいらない布かティッシュなどにエタノールを染み込ませて拭き取って行きます。

 

拭き取るとある程度ベタつきが落とせますが落ちない場合はより濃度の濃い無水エタノールかスポンジなどを使い、再度試してみて下さい。

エタノールはドラッグストアなどで手に入れる事が出来ます。

③重曹

重曹でのベタつきの落とし方としてはお湯に重曹を溶かした液体に半日ほどシリコンケースを浸します。

これでほぼ完璧にベタつきを落とす事ができるので最も有効な方法と言えます。重曹はスーパーやドラッグストアなどで手に入れる事ができます。

ベタつきを防ぐ為には

完全にベタつきを防ぐ事は出来ませんが、遅らせる事は可能です。

シリコンケースのベタつきを遅らせる為にはとにかく湿気から遠ざける必要があります。

 

湿気から遠ざける方法としてはシリコンケースを風通しの良い場所で保管したり湿気除去機能のある保管場所に置くと加水分解からのベタつきを防ぐ事が出来ます。

最後に

いかがでしたでしょうか、頑固なベタつきも身近な道具で落とす事が出来てしまいます!

本記事を参考に大切なシリコンケースを末長く使って頂ければ幸いです。

デコレーションカンパニーでは、オリジナルスマホケースを販売しています。

お好きな画像で作成できるので、気が向いたらアプリをインストールしてみてください♪