ブログ

iPhoneの5G対応はいつから?実現する5つのコト

iPhoneの5G対応

 

iPhoneの5G対応は2020年に発売される新機種からではないかと言われています。
Androidではすでに5Gを採用したものが発売されているにも関わらず、
iPhone11で5Gに対応しなかったのは、インフラの整っていない時に
わざわざコストをかけて対応する必要がないと判断したからだそう。

 

5Gとは

 


5GのGは『Generation』の略で、第五世代移動通信システムのことをいいます。
世代ごとの通信技術のことを言っているんだな〜という解釈で良いと思います。
Generationは日本語で『世代』という意味なので、5世代目の通信技術ということですね!
世代のことをいいますから、5Gは従来の3G4Gよりも格段に通信技術が高くなっているんですね。
4Gよりも100倍早くなる!というのはよくいわれていますね。
この技術で、1時間の動画が1.5秒でダウンロードできるようになります。
こんなにもすごい5Gが採用されると、どんなことが実現されるのでしょうか。

 

1Gから振り返る

 

この「G」について認識し始めたのは、おそらく「3G」からではないでしょうか。
ゴキ○リではありません。
世代を表しているので、もちろん3Gは初代ではありません。1Gから存在します。

1G(ショルダーフォン)

通信技術の始まりは、このショルダーフォンです。
それまで固定電話が主流であったため、持ち運びのできる電話は
インパクトがあったに違いありません。

2G(PHS、小型電話機)

PHSは小型電話機を指します。
電話機能の他に、SMS(ショートメールサービス)と呼ばれる、いわゆる「メール機能」が登場しました。

3G(ガラケー)

3Gといえばガラケーです。この頃から馴染みのある言葉が出てきますね。
音声のやりとりはもちろんで、「画像」を扱えるようになりました。

4G(スマートフォン)

3Gに比べて通信速度が大きく上がったようですが、
大きな違いを体感した人は少ないのではないでしょうか?
3Gの頃からスマートフォンは使えましたし、4Gから新しく登場したものも特にありませんね。

5G(???)

いよいよ5Gです。AI(人工知能)VR(バーチャルリアリティ)AR(拡張現実)などの技術と共に、私たちの生活を大きく変えるものになるでしょう。
5G時代ではついに、スマートフォンから次のカタチに進化するとも言われていますね。
たとえば、一度不発に終わった「グーグルグラス」ですが、
5G時代にはスマートフォンから「スマートグラス」になるとの噂が。

 

3Gと4Gと5Gと光回線の比較

 

5Gがどれだけすごいのか、3Gと4G、光回線と比較してみましょう。

通信速度 遅延 接続数
3G ~約0.014Gbps 4Gの約2倍
4G ~約0.10Gbps 0.010秒 10万/km^2
5G ~約10Gbps 0.001秒 100万/km^2
4G-5G倍率 ~約100倍 約1/10 約10倍
光回線 ~約1Gbps

 

5Gになると、4Gの約100倍、光回線の約10倍の速さになります。

固定回線のいらなくなる時代が来るなんて信じられませんね。

 

5Gで実現する5つのコト

 

 

car driving

 

 

  1. クラウドゲーミング
    クラウドゲーミングってなに?という方も多いかと思います。
    クラウドは『ネットワーク上に据えられたデータを、ネットワークを利用して
    外部から利用できる状態になっているもの』のことで、
    クラウドゲーミングはネット上でゲームをすることです。
    いわゆるオンラインゲームですが、従来よりも『大人数で』『遅延なく』
    オンラインゲームを楽しむことができるようになります。
    クラウドゲーミングサービスとして、Googleが『STADIA』を発表しました。
    ゲームソフトをハードで買う時代が終わるのはそんなに遠くない未来でしょう。
  2. 自動運転
    これも最近噂になっていますね。自動運転。
    実は、自動運転の実装の足かせになっていたのが、通信技術でした。
    自動運転は人命に関わるために、『通信の遅延』が許されなかったのです。
    それが、5Gによる『超高速通信』が実現されることで、自動運転をより安全なものにしてくれます。
    5Gの時代は、自動運転時代の開始を意味すると言っても良いでしょう。
  3. 救急車が最速で駆けつける
    自動運転が実装された世界では、救急車が最速で駆けつけてくれるでしょう。
    高速通信で最適な経路にいる車があらかじめ道をあけることで、止まることなく
    現場に駆けつけることができます。
  4. タクシー運転手がいなくなる
    自動運転ができれば、タクシー運転手は必要ありません。
    送迎をスマートフォンで頼めば、空いた車がやってきて現地まで運んでくれるでしょう。
  5. VR/AR
    VRやARは、普通の動画よりも通信量が大きくなります。
    5Gになれば、これも遅延なく視聴することができ、
    サッカー観戦やライブ映像の見方がずっとリアルになります。

 

主に、高速通信のおかげで『動画』『ゲーム』『自動運転』が大きく変わりそうですね。

この他にも、ドローンや医療現場での手術ロボ遠隔操作など

5Gによる影響は私たちの生活全てに影響を及ぼしていくでしょう。

 

 

ハード」から「ソフト」へ

 

5Gと一緒にこれから大きく進化するのが、AIやAR、VRです。

AR、VRは「空間」に対して作用するものだと考えれば良いです。

3D映画などがイメージに近いですね。

この「空間」に対する技術、たとえば「立体映像」や「空間認識」が当たり前になります。

VR(立体映像)によるライブ映像やゲームはすでに登場していますね。

また、「空間認識」技術が普及することで「コントローラー」や「キーボード」なしの

生活が当たり前になってきます。

視点だけで操作したり、ジェスチャーで操作したり。

実際、これらに書いたこと全てが技術として既に存在します。

そして、これらの技術に伴う通信を5Gが支えていきます。

 

 

5Gが普及した世界を想像してみる

 

 

今では高価なタクシーだが、無人タクシーが当たり前の世界では

電車を利用する感覚でタクシーを利用するかもしれない。

タクシー利用が増えることで、電車に乗る人が減り、電車の利用がより快適になる。

遅延のない世界では、医療現場にも影響を及ぼす。

緊急事態に医師がいない場合も、よりリアルで高画質な動画を医師に提供し、

その場で医師が手術室の手術ロボを操作する。

ゲームをする時はコントローラーだけ持ち、Googleの「STADIA」にアクセスして

オンラインで遊ぶのが当たり前。

低遅延・高速通信でないと実現できない。

 

 

5G対応まで新型iPhoneは購入しないべき

 

iPhoneが5Gに対応するのは2020年の夏、遅くとも21年の夏頃になるでしょう。

3Gから4Gへの進化に比べると、4Gから5Gの進化は凄まじい影響を与えることになりそうです。

そう考えると、もうじき発売される5G対応型iPhoneを待つべきだと思います。

 

世界でひとつのオリジナルスマホケースが作れるアプリ「デザインケース」
オリジナルスマホケース・手帳型ケース・パスケース・モバイルバッテリー・スマホリングがアプリで手軽に作れます。
作り方は簡単!アプリをダウンロードしたら、まず作成する機種を選んでください。
カップルでお揃いのデザインや、お子様の写真、ペットの写真や、思い出の写真などを貼り付けてみましょう。他にもアプリ内で、背景画像・スタンプ・文字を組み合わせることができます。
注文後1週間~10日間で届きます。
1,980円〜と格安でオーダーメイドケースやグッズが作成できるので、プレゼントにもぴったりです。
おしゃれでかわいいオリジナルグッズを作成して、毎日の生活をもっと素敵にしてみてはいかがでしょうか♪