Androidスマホケースのオリジナルプリントについてご紹介!

ブログ
2021-02-01
Androidスマホケースのオリジナルプリントについてご紹介!のヘッダー画像

Android機種をご使用している人の中には、Android機種のスマホケースをオリジナルプリントしたい!スマホケースをオリジナルプリントする方法を知りたい!という方も多いと思います。

今回はそんな方の為に、Androidスマホケースのオリジナルプリントを行う方法やプリントの種類についてご紹介します!

Androidスマホケースのオリジナルプリントについて詳しく知りたい!という方は是非最後までご覧ください。

オリジナルプリントを行う方法について

オリジナルプリントを行う方法は大きく分けて二つあります。一つ目は自宅で印刷する方法です。もう一つオーダーメイドサービス等のプロに任せる方法です。ここからはそれぞれ詳しくご紹介していきます。

自宅で印刷する方法

まずご紹介するのが自宅で印刷する方法です。

一般的にスマホケースにデザインを印刷する際には、UV印刷という方法や昇華転写印刷、熱転写印刷などの方法を用いて行います。

しかしながら、UV印刷用のインクや印刷プリンター、昇華転写印刷プリンターなどは非常に高額であるため、これから本格的にスマホケースなどの販売を行う予定のある方以外にはあまり向いていないといえます。

自宅でAndroid機種のスマホケースをオリジナルプリントしたいときにおすすめなのが、クリアケースの間にデザインを印刷した紙を挟む方法です!

プリクラやチェキなどをクリアケースの間に挟む方法とおなじ要領で、お好みのデザインを施した印刷用紙をスマートフォンとクリアケースの間に挟むことで簡単にオリジナルスマホケースを作成することができます。

写真を印刷する際に使用する写真用紙などを使えば色鮮やかなで光沢のあるデザインを印刷することも可能です。

この方法であれば低予算ながら自宅でオリジナルプリントのスマホケースを作成することができます。


オーダーメイドサービスを利用する方法

Android機種のスマホケースをオリジナルプリントを行う方法として、おすすめなのはオーダーメイドサービスを利用する方法です。

オーダーメイドサービスを利用すればアプリやWeb上でデザインを行うだけで、あとは業者がプリントしてくれるので手間も少ないですし、しっかりとした仕上がりを期待できます。

価格も2,000円から4,000円で作成できるところが多いため、既製品を購入する場合とお値段にもほとんど違いはありません。

オーダーメイドサービスを利用してAndroidスマホケースのオリジナルプリントを印刷する方法は、本格的なオリジナルスマホケースが欲しい方や、手間を少なくオリジナルスマホケースを作成したい方にとってもおすすめです!

オーダーメイドサービスによってはAndroid機種に多数対応しているところもあるため、まだ調べていない!という方は是非調べてみてください。

デザインケースでも、Android機種のオリジナルプリントを行うことができます!まだチェックしていない!という方は是非、デザインケースもチェックしてみてください!

オリジナルプリントの印刷方法をご紹介!

ここからはオリジナルプリントの印刷方法についてご紹介します!

オーダーメイドサービスを利用してオリジナルプリントを行いたい人は是非参考にしてみてください。

①UV印刷

まず初めに紹介するのがオリジナルスマホケースの印刷として定番のUV印刷です。この印刷方法では、UVインクという特殊なインクでデザインを行い、そこにUVを照射することによってインクを固めデザインとして仕上げます。このUVとはUltra Violetの略称です。

UV印刷の特徴としては、印刷したデザインが剥がれにくいことが挙げられます。

デザインケースもオリジナルグッズの印刷をUV印刷で行っております。

②昇華転写印刷

昇華転写印刷では、、昇華インクと呼ばれる特殊なインクで転写紙に印刷し、そのデザインされた転写紙をスマホケースにくっつけて熱と圧を加えることで、気化したインクをスマホケースに付着し、デザインとして仕上がる印刷方法です。

熱と圧でくっつけただけなら、簡単にデザインが剥がれてしまいそう!と不安に感じる方もいるかと思いますが、昇華転写印刷は耐久性、耐水性にも強く剥がれにくい印刷方法と言われております。

また仕上がりの発色がとても色鮮やかであるのも特徴です。

しかし、ストーブやドライヤーなど温風に当たることでインクが再び気化して、色落ちしてしまうことがあるため、昇華転写印刷で作成したオリジナルスマホケースの取り扱いには十分注意が必要です

③熱転写印刷

最後に、ご紹介するのは3D熱転写印刷です。3D熱転写印刷では、まず専用シートにデザインを印刷し、そのデザインが印刷された専用シートをスマホケースに貼り付けて熱を加えることで染料をスマホケースに付着させる印刷方法です。。

3D熱転写の特徴として挙げられるのが、印刷した際の発色が色鮮やかで綺麗なことです

しかし、デザインを熱で圧着している印刷方法なので再び高温に触れるとデザインが剥がれる恐れがあります。

熱転写印刷のスマホケースは温風など高温に曝されないように、特に注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

今回はAndroidスマホケースのオリジナルプリントについてご紹介しました。

Android機種のスマホケースでオリジナルプリントを行いたい人の少しでも参考になれば幸いです。


デザインケースでは、Android機種およそ350機種に対応しております。アプリやWebサイトからスマホ一つで簡単に世界で一つだけのオリジナルAndroidスマホケースの作成ができます。オーダーメイドサービスの利用ご検討している方は是非こちらをご覧ください。