Blog

3タイプ自分にあったスマホケースの選び方

スマホケースには主に3種類あります。どのケースもスマートフォンを保護してくれて、かつスマホを自分好みのデザインにできます。しかし、それぞれに特徴があるので自分にあったケースを見つけてみましょう。

手帳型ケース

スマホケース(手帳型)

素材

布製や合皮・本革などが主流です。革製のものは高級感が出ておすすめです!ただ、革や布は傷つきやすく、汚れやすいのがデメリットでもあります。

スマホの保護

手帳型は背面も前面もカバーしてくれるので、落としてもスマホの画面をバッチリ守ってくれて安心です。

機能性抜群!

手帳型の中には様々な機能を持ったものがあります。
1、スタンド付きケーススマホケース(手帳型)_スタンド付き
動画を見る際などにとても役に立ちます。
2、カード収納
ICカードを入れておけばパスケースいらずで。改札もスムーズに通れちゃいます。
3、ストラップ穴付き
手帳ケースにストラップ用の穴が空いていて、そこにチェーンなどをつければポシェットのように肩からかけることもできます。

デメリット

スマホを使う際に、毎回手帳を開かなくてはいけないので、この作業を慣れるまでは面倒臭く感じることがあります。また、手帳型ケースは分厚いのでせっかく薄くて軽いスマホであっても台無しになってしまうというデメリットもあります。

ハードケースの特徴

ハードケース

素材

プラスチックで出来ているため、汚れにくくてとても丈夫です。また、プラスチックなので軽くて薄いです。スマホの元々の薄さや軽さを邪魔することもありません。

安くて可愛い

価格がお手頃なのに加えて、デザインが豊富なのが魅力です。

デメリット

プラスチック製なので、落とすとケースが割れていまうことがあります。また、プリントされているデザインが使っているうちに剥がれてしまうこともデメリットです。

ソフトケースの特徴

ソフトケース

素材

シリコンとプラスチックの間の素材で出来ていてとても肌触りがいいです。また、シリコンが手にフィットするので手から滑り落ちづらくスマホの落下防止になります。シリコンで出来ているためケース自体が割れたり、傷つく心配もありません。ハードケース同様、軽くて薄いためスマホの本来の軽さと薄さはそのままで使うことができます。

スマホの保護

ハードケースとは違い、音量ボタンや電源ボタンまでケースがしっかり覆っていてしっかり守ってくれます。

安くて可愛い

ケースの角が丸みがあって可愛いです。また、価格がお手頃なのも魅力的です。

デメリット

シリコンが火や熱に弱いため、火の元でスマホを操作する際は注意が必要です。また、紫外線を吸収しやすい素材なので、炎天下に長時間置いておくと色が黄ばんできてしまいます。

このようにそれぞれにメリットとデメリットがあります。スマホ保護重視の人は、手帳型。いろんなデザインから選びたくて、スマホが薄くて軽いままがいい人はハードケース。スマホが軽くて薄いままでスマホを保護したい人はソフトケース。他にも、自分の重視する点を考慮して自分にあったスマホケースを選んでみてください。

デザインケースアイコン
世界でひとつのオリジナルスマホケースが作れるアプリ「デザインケース」
オリジナルスマホケース・手帳型ケース・パスケース・モバイルバッテリー・スマホリングがアプリで手軽に作れます。
作り方は簡単!アプリをダウンロードしたら、まず作成する機種を選んでください。
カップルでお揃いのデザインや、お子様の写真、ペットの写真や、思い出の写真などを貼り付けてみましょう。他にもアプリ内で、背景画像・スタンプ・文字を組み合わせることができます。
注文後1週間~10で届きます。
1,980円〜と格安でオーダーメイドケースやグッズが作成できるので、プレゼントにもぴったりです。
おしゃれでかわいいオリジナルグッズを作成して、毎日の生活をもっと素敵にしてみてはいかがでしょうか♪