デザインケースのアイコン画像

マスクケースのお手入れの仕方についてご紹介!

ブログ
2021-02-28
マスクケースのお手入れの仕方についてご紹介!のヘッダー画像


まだまだマスクが手放せない日々が続いていますが、外出先でマスクを外した後、置き場所に困ることがありますよね。

最近はそんな悩みを解決するため、マスクケースを利用している方も増えましたが、心配なのがマスクケースの衛生面。

「マスクケースって本当に清潔なのかな?」「買ってから一度もお手入れしてないけど大丈夫?」なんて疑問を持ったことがある方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はマスクケースのお手入れ方法についてご紹介します!また現在はマスクケースを使用していないけど、購入を検討しているという肩のためにマスクケースの利便性や種類についてもご紹介します!

是非最後までご覧ください!

マスクケースとは?

マスクケースとは、外したマスクを保管したり、予備のマスクを収納したりするためのマスク専用ケースです。

外したマスクをテーブルや服の上などにそのまま置くと、そこに付いていたホコリや花粉がマスクに付着し、次に装着した際に吸い込んでしまいます。

外したマスクをマスクケースに収納することで、マスクの清潔さを保つことができます。

最近では、デザインや機能性などのバリエーションも増えており、マスクケースは「実用性のあるファッションアイテム」としても広がりつつあります。 

代表的なマスクケースの種類

一言でマスクケースと言ってもその種類は様々です。

今回は販売数も多い代表的なマスクケースの種類を3つご紹介します!

マスクケースの種類によってお手入れ方法が異なりますので、注意が必要です。

 まずはご使用になられているマスクケースの種類を確認しましょう。

ハードタイプ

 

ハードタイプは主に、プラスチック素材の一つであるポリプロピレンという素材が使われており、マスクケースの種類の中では最も強度があります。

かばんの中に収納していてもマスクが型崩れする心配がないため、すぐにマスクがくしゃくしゃになってしまうと悩んでいる人にもおすすめです。

またハードタイプのマスクケースは形がはっきりしているため、かばんから取り出しやすいのも一つのメリットです

 

ファイルタイプ

ファイルタイプは主に、ビニールや紙製の素材が使われていることが多く、軽量かつ薄型なところが魅力です。

また、とても柔らかいので、ポケットや小さいかばんの中に入れて持ち歩きたいという人におすすめです。

マスクを挟むだけで収納できる商品が多く、出し入れしやすいところもポイントです。


ポーチタイプ

ポーチタイプは、主に布素材でできていて、マスクポーチと呼ばれることもあります。

ティッシュやちょっとした小物を入れられる商品も多く、形状のバリエーションも豊富です。

他のマスクケースに比べると厚みがありますが、マスクを2つ折りにして入れられる商品が多いため、他種類よりも過剰にかさばるという事はありません。

 マスクケース以外にも活用したいという方におすすめです。

マスクケースのお手入れ方法

マスクケースは布製とその他素材によってお手入れ方法が異なります。

それぞれのお手入れ方法を見ていきましょう。

 

布素材のお手入れ方法

布製のマスクケースのお手入れ方法についてですが、布製の場合、定期的に洗濯することがおすすめです。

布製のマスクケースは多くの場合、洗濯機を使用して洗うことができます。しかし中には手洗いしかできないものもありますので洗濯する際には十分確認するようにしましょう!

また、最近は洗濯ネットとしても使える布製マスクケースもあるので、自分のマスクケースに応じた洗濯方法でお手入れしてください。

 

その他素材のお手入れ方法

ポリプロピレン素材など、プラスチック製のマスクケースは、固く絞ったガーゼなどで水拭きをしたあと、しっかり乾拭きをすることでほとんどの汚れを落とすことができます。

万が一水拭きと乾拭きだけでは汚れが落ちない場合は、薄めた台所用中性洗剤で拭いたあと乾拭きをしてください。

この時の注意点は、マスクケースの素材によってはアルコールが使えないことです。

アクリルや樹脂素材でできたマスクケースの場合、アルコールを使ってお手入れすると変色することがあります。

アルコールを含んだウェットティッシュでお手入れしたい、アルコール除菌したいという場合は、ポリプロピレンや塩化ビニール素材のマスクケースを選びましょう。

 

お手入れしやすいマスクケースを選ぶことが大切

マスクケースを選ぶ際、可愛い見た目や価格だけで商品を選ぶという方は多いと思います。

もちろん、デザインや価格もマスクケースを選ぶうえで大切な要素ですが、「お手入れしやすいかどうか」という点も見過ごせないポイントです。

お手入れが難しいマスクケースは汚れても自力で対処できず、どんどん清潔感が失われてしまいます。

マスクケースが汚いともちろん収納するマスクも汚れてしまいますよね。

清潔なマスクケースを使用し続けるには、お手入れしやすいマスクケースを購入することが重要です。


デザインケースもお手入れしやすいマスクケースを販売

 デザインケースが販売しているオリジナルマスクケースはポリプロピレン素材のマスクケースとなっており、非常にお手入れがしやすいのが特徴です。

水に濡れてもさっと拭き取ることができ、アルコール消毒も可能なので「お手入れに時間はかけたくないけど、しっかり綺麗にしたい」という人にもおすすめです。

デザインケースでは、ご自身でマスクケースのデザインを作成することができるため、デザイン性にこだわりたい人にもお手入れしやすいマスクケースを探している方にもおすすめです!

またプレゼントとしてマスクケースを贈ることを考えている方にもおすすめとなっております!

まとめ

 マスクケースはちょっとマスクを外したい時や、マスクを持ち運びたい時に便利なアイテムです。

しかし、常に持ち歩く物だからこそ、清潔感を保つためには定期的なお手入れが必須となります。

マスクケースは商品の素材によってお手入れ方法が異なるため、自分のマスクケースに適した方法でお手入れすることが大切です。

マスクケースのお手入れをしたい!と考えている方は是非今回ご紹介したお手入れ方法を参考にしてみてください!


また、汚れが中々落ちにくくなった時には、マスクケースを買い替えるという方法もあります。

デザインケースでもオーダーメイドで作成いただけるオリジナルマスクケースを販売しておりますのでご興味のある方は是非こちらもチェックしてみてください!