デザインケースのアイコン画像

おすすめのマスクケースとは?素材や収納枚数の違いが重要?

ブログ
2021-03-10
おすすめのマスクケースとは?素材や収納枚数の違いのヘッダー画像

外したマスクの置き場に困る、予備でもう一枚持ち歩きたい…そんな時に活躍してくれるのがマスクケース。

しかし、マスクケースは様々な商品が販売されているため「一体どんなマスクケースがおすすめなの?」と悩み、購入をためらってしまう方も少なくはありません。

そこで今回は、おすすめのマスクケースや、選ぶ時のポイントをご紹介します。

自分にぴったりのマスクケースを見つけて、快適なマスク生活をおくりましょう。

マスクケースは現代の必需品

マスクが手放せない今、マスクケースも必需品になりつつあります。

マスクケースとは、その名の通りマスクを収納できる専用ケースのことです。

外出先でマスクを外した際の一時保管はもちろん、予備の新しいマスクを携帯したい時や、自宅保管の際にも使えます。

最近は収納できる枚数が多い商品、ティッシュや小物などが入る商品など、バリエーションも増え、マスクケース愛用者が急増中です。

お手入れしやすくて可愛いマスクケースがおすすめ

おすすめのマスクケースがわからない!という時は、最もポピュラーで実用的な「お手入れしやすくて可愛いマスクケース」がおすすめ。

購入時はあまり意識しないかもしれませんが、衛生的にマスクを保管するため、マスクケースは定期的にお手入れする必要があります。

そのため、お手入れが簡単かどうかはマスクケースを選ぶ際の大事なポイントとなります。

また、毎日使うものだからこそ気に入ったデザインを選んだほうが、日々のモチベーションが上がりますよね。

たくさんのマスクケースが販売されているからこそ好みのデザインのマスクケースを購入することをおすすめします!


マスクケースを選ぶ時のおすすめポイント

ここからはマスクケースを選ぶときのおすすめポイントをご紹介します!

どれも重要なポイントですが、ご自身が何を大切にするのか優先順位を決めることで沢山あるマスクケースの中から最適なケースを見つけることができます。

是非参考にしてみてください。

素材

マスクケースに使用されている代表的な素材は、プラスチック素材、ビニール素材、布素材などです。

それぞれの特性を簡単にご紹介すると、まずプラスチック素材は、耐久性に優れ軽い水拭きで汚れを落とすことができます。

次に、ビニール素材は柔らかくて軽量なので、荷物を減らしたい人にも適しているでしょう。

最後に、布素材はポーチとして使用することもでき、自宅でも簡単に洗濯できます。

素材の特徴をよく理解し、自分の使い方や希望するお手入れ方法に最もマッチする商品を選ぶことがポイントです!

使いやすさ

マスクケースには主に、しっかりフタができるハードタイプ、マスクを出し入れしやすいファイルタイプ、マスクを2つ折りに収納できるポーチタイプの3種類に分けられます。

どのタイプが使いやすいかは、使い方によって異なります。

カバンの中に入れて携帯する時はフタ付きのハードタイプ、頻繁に出し入れする場面ではファイルタイプ…といったように、使用シーンに応じてマスクケースを使い分けている人も沢山います。

どのような状況でマスクケースを使うことが多いのかも一つの選ぶポイントとなります!

収納枚数

マスクケースは、商品によって収納できるマスクの枚数が異なります。

予備のマスクを携帯したい方は、2枚以上収納できるマスクケースを購入しなければ、外したマスクを収納しただけで容量オーバーになってしまうので注意しましょう。

また、マスクケースによっては、装着したマスクと新品のマスクを分けられるよう、仕切りが付いている商品もあります。

予備のマスクをどれくらい持ち歩きたいのか、どのように収納したいのかを考え、自分に適した枚数が収納できるマスクケースを選ぶのもおすすめのポイントです。

加工や機能

マスクケースの中には、抗菌や消臭加工が施された商品もあります。

一度外したマスクを再度気持ちよく着けるためにも、抗菌や消臭加工にはこだわりたいですよね。

また、ミラーや小さなポケットなど、あると便利な機能が付いたマスクケースもあり、こちらも選ぶ時のおすすめポイントとなります。

サイズ

マスクケースには、マスクを広げた状態で収納する商品と、2つ折りにして収納する商品の2つがあります。

当然広げた状態で収納するマスクケースの方が大きくかさばりやすいですが、その反面2つ折りで収納する商品は厚みが出やすいです。

また、収納できるマスクの枚数が多い商品も、厚みが出るのは仕方ありません。

いつも使用するカバンに合わせたマスクケースを選ぶことも一つのポイントとなります。

サイズをしっかり確認しないと、後から「持ち運びに不便」と感じることになるため、大きさや厚みは事前に確認しましょう。

予算

マスクケースの価格は一般的に、500円~3,000円くらいが相場です。

お手頃価格のマスクケースを定期的に買い替えたいという人がいる一方で、高価でも長く使える機能が付いた商品が欲しいという人もおり、一概にどちらが優れているとは言えません。

マスクケースを購入する際は、あらかじめ自分で予算を決めその中から選ぶようにすると、悩みにくくなるのでおすすめです。

まとめ

マスクケースは商品機能や価格に開きがあり、購入する際に悩んでしまうかもしれませんが、あらゆるポイントを総合的に判断することで、自分に合ったマスクケースを見つけることができます。

悩んだ時はお手入れのしやすさやデザインなど、楽しく使い続けられるポイントに絞って選ぶのがおすすめです。

その他にも、素材や収納枚数の違いに注目することも忘れないようにしましょう。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ自分だけのお気に入りマスクケースを見つけてくださいね。


デザインケースでもマスクケースを販売しております。

ウェットティッシュで拭くだけで簡単にお手入れできるポリプロピレン素材を使用しています。また抗菌加工もしてあるので清潔な状態で長くご使用いただくことができます。

アプリ/Webから、簡単にオリジナルのマスクケースが作成できるのでデザインにこだわりたい方にもおすすめです!

気になる方は是非こちらをご覧ください。