アプリでスマホケースをオーダーメイド作成できるって本当?Webとアプリどっちがおすすめ?

ブログ
2021-01-03
アプリでスマホケースをオーダーメイド作成できるって本当?Webとアプリどっちがおすすめ?のヘッダー画像
リリース10周年発売記念

リリース10周年を発売を記念して、ご応募頂いた方全員に

 「オリジナルスマホケース作成500円OFFクーポン」をプレゼントします。

有効期限 2022年5月31日

「オーダーメイドサービス」と聞くとWeb上でデザインを提出して注文するというイメージが強いのではないでしょうか?

たしかに、オーダーメイドサービスの多くはWeb上でデザインを提出して作成する場合がほとんどですが、中にはアプリでオーダーメイドグッズのデザインを作成して注文できるサービスもあります!


ここ最近、オーダーメイドのスマホケースを作成される方が増えてきていますので、今回はWebとアプリのどっちで作成するのがおすすめなのか、Webとアプリで作成する場合のそれぞれメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

オーダーメイドサービスを利用して、スマホケースの作成を検討している方はぜひ参考にしてみてください!

最後にはおすすめのオーダーメイドスマホケース作成アプリもご紹介しておりますのでご興味のある方は是非最後までご覧ください。

  • オーダーメイドサービスでオリジナルグッズを作成する流れ
  • Web上で作成するメリット・デメリット
  • アプリで作成するメリット・デメリット
  • おすすめのオーダーメイドグッズ作成アプリ3選


オーダーメイドサービスでオリジナルグッズを作成する流れ

オーダーメイドサービスでオリジナルグッズを作成する流れは基本的にWebもアプリも変わりません。

基本的な流れはこちらになります。

①作成するオーダーメイドグッズを選びます
②デザインを作成/画像をアップロードします
③デザインの微調整等を行います
④注文します
⑤商品の到着を待ちます


まず、今回作成したいオーダーメイドスマホケースの対応機種やケース素材、カラーなどケースの基本となるものを選びます。

続いて、デザイン作成画面にてデザインの作成や画像のアップロード、フレームやスタンプ、フォントなどで装飾を行います。

注文の前に完成したデザインやアップロードした画像の微調整を行います。
※印刷時にカメラ穴付近やケースの端など数ミリから数十ミリのズレが生じるので、ここの微調整は重要です。

微調整が完了した後、注文を行えば後は商品の到着を待つだけです!


スマホケースをオーダーメイドで作成する際、Webとアプリで作成の流れが変わることがほとんどありませんが、既にデザインが作成してある場合とこれからデザインを作成する場合では②③に掛かる時間が大きく変わりますので注意が必要です!


Web上で作成するメリット・デメリット

ここからはWeb上でオーダーメイドでスマホケースを作成するメリットとデメリットについてご紹介します。

これまでなんとなくWeb上でオーダーメイドスマホケースを作成されていた方は、是非こちらでWebで作成するメリットとは何か改めてご確認いただければと思います。


Web上でオーダーメイドスマホケースを作成するメリット

Web上でオーダーメイドスマホケースを作成するメリットはこちらの3つです

  1. 大画面でデザインの確認ができる
  2. 疲れにくい
  3. 注文手続きが行いやすい

オーダーメイドスマホケースをWeb上で作成するメリットとして、まず挙げられるのが大画面でデザインの確認が行える点です。

Web上で作成する場合、パソコンを使えばデザインを大画面で確認することができますので、細かいデザインの修正箇所を見つけやすく微調整も行いやすいです。

また同様にパソコンを使って作成することができますので、スマホやタブレットよりも疲れにくいこともメリットとして挙げられます。

小さい画面で細かい作業を行っていると時間が経つにつれて疲労が溜まってきます。パソコンであれば大きい画面で作業を行うことができるのでストレスも少なく長時間作業を行うことができます。

そしてWeb上の方がアプリよりも注文の手続きが行いやすいこともメリットとして挙げられます。

アプリの画面で注文時における情報の入力等を行うよりもやはりパソコンを使ってWeb上で行う方が大きな画面で確認できますのでミスも少なく注文の手続きを円滑に進めることができます。

よく利用するという方は会員登録を行うことで次回から住所や支払い方法等の手続きが必要なくなるのでおすすめです!


Web上でオーダーメイドスマホケースを作成するデメリット

Web上でオーダーメイドスマホケースを作成するデメリットはこちらの2つになります。

  1. 細かいデザインを行うのが手間
  2. デザイン素材が少ないことが多い

Web上でオーダーメイドスマホケースを作成する際にデメリットとして大きいのはやはり、細かいデザインを行うのに手間が掛かるということです。

普段からデザインを行っている方で無ければ、パソコンでデザインを行う際にマウスを使う方が多いと思いますが、マウスを使ってデザインを行うのはやはり面倒です。細かい操作がうまくできずにイライラしてしまうことも...

それではスマホを使ってWeb上でデザインを行えば良いではないか!と思う方もいるかも知れませんが、やはりスマホからWeb上でデザインを行うとなると画面が小さく不便です。

Web上でデザインを作成することに慣れていないけど、一からこだわって作成したいという方にはWebよりもアプリがおすすめです。

またWeb上でオーダーメイドスマホケースを作成できるサービスは、アプリで作成できるサービスよりも無料で使用できるデザイン素材の種類が少ない場合が多いです。

同じ業者であってもWeb上よりもアプリの方が提供しているデザインの種類が多いということもありますので、やはり一からオリジナルのデザインにこだわって作成したいという方にはアプリで作成する方法がおすすめです。


アプリで作成するメリット・デメリット

ここまでWeb上でオーダーメイドスマホケースを作成するメリットとデメリットについて紹介してきました。

ここからはアプリでオーダーメイドスマホケースを作成するメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。


アプリでオーダーメイドスマホケースを作成するメリット

アプリでオーダーメイドスマホケースを作成するメリットはこちらの2つです。

  1. デザインにこだわって作成できる
  2. 作成から注文までの操作が簡単

アプリでオーダーメイドスマホケースを作成する際のメリットはなんといってもデザインにこだわって作成できる点だと思います。

Web上では難しかったデザインの配置もタップと長押し操作を行うことで思い通りに配置することができます。また、アプリは無料で利用できるデザイン素材も多いので、一からデザインを行いたい人におすすめです。

さらにアプリでオーダーメイドスマホケースを作れるサービスはデザイン保存機能が搭載されている場合もあります。

作成途中に用事ができてしまったり、隙間時間やちょっと時間があるときにスマホケースを作成したいという方にとってこの機能はとても嬉しいですよね。

このようにアプリでオーダーメイドスマホケースを作成できるサービスは、デザインにこだわって作成したい人におすすめです。

作成から注文までの操作が簡単なこともアプリのメリットです。

操作に不安があるという方もご安心を!

機種を選ぶ画面やデザイン作成画面、注文画面など、今自分がどの操作を行っているのか、一目でわかるので初めてオーダーメイドサービスを利用するという方でも失敗することはほとんどありません。


アプリでオーダーメイドスマホケースを作成するデメリット

アプリでオーダーメイドスマホケースを作成するデメリットはこちらです。

・細かいデザインの調整が大変

日常的にパソコンを使ってWeb上でデザインを行う方は特に、アプリ画面でデザインを作成する際に画面が小さくデザインの調整が大変に感じることがあるかも知れません。

また誤タップによりデザインが意図しない場所に配置されてしまうなど、細かいデザインの調整を行う際には注意が必要となることがデメリットと言えます。

操作に慣れるまでは細かい調整が大変に感じるかも知れませんが、一度慣れてしまえばさほど不便に感じなくなると思います!


おすすめのアプリ3選

最後におすすめのオーダーメイドスマホケース作成アプリを3つご紹介します。

アプリでオーダーメイドスマホケースの作成を検討されている方は是非こちらのアプリも参考にしてみてください。


1.デザインケース

デザインケースの特徴はその対応機種の多さと、無料で使えるデザイン素材の豊富さです。オーダーメイドサービスのほとんどが苦手とするAndroid機種への対応が豊富で、Android機種およそ350種に対応しております。また、アプリ内で使用できるデザイン素材の種類も400種超えということでデザインにこだわりたい方におすすめです。また定番のハードケースや手帳型ケース以外にも様々なケースが作成できるのが特徴です。

アプリのダウンロードはこちらから

iOSの方はこちらから→オリジナルスマホケースを作ろう「デザインケース」
Androidの方はこちらから→オリジナルスマホケースを作ろう「デザインケース」


2.PRISMA

PRISMAの特徴は、既に作成されたデザインを参考にスマホケースを作成できる点です。既に作成されたデザインから写真を入れ替えるだけでスマホケースを作成することができるので、デザインのアイデアが思い浮かばない人にはおすすめです。またフォントにグラデーションが使えるなどおしゃれな機能があるのも特徴です。

アプリのダウンロードはこちらから
iOS→プリスマ


3.クリケ

クリケの特徴はなんといっても無料で作成できるケースがあることです。送料だけ払えばスマホケースを簡単に作成することができるので既製品のケースを購入するより安く済みます。ケース素材にこだわらずできるだけ安くスマホケースを作成したい方は、一度クリケのアプリをダウンロードしてみても良いかも知れません。

アプリのダウンロードはこちらから
iOSの方はこちらから→curike クリエイトするスマホケース
Androidの方はこちらから→curike


オーダーメイドサービスのアプリを選ぶ際にはInstagramでの作成事例やアプリのレビューを参考にすることをおすすめします!

商品が届いた時に「思っていたのと違う!」なんてことにならないよう、事前にクチコミの評価を確認しましょう。


まとめ

いかがでしたか?

オーダーメイドスマホケースを作成する際、Webとアプリどっちがおすすめなのか、またそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介してきました。

最後に簡単におさらいしましょう。

  • Webでのデザインに慣れている方や大きな画面でデザインを作成したい方にはWebがおすすめ
  • デザインにこだわりたいけどWebに慣れていない方にはアプリがおすすめ
  • オーダーメイドサービスを選ぶ際にはクチコミを確認することが大切

以上の3つが今回お伝えしたかった内容になります。

これからオーダーメイドのスマホケースを作成しようと考えている方は是非こちらの3つを参考にしてみてください。


デザインケースでは、最新のiPhoneシリーズのみならず、Android機種300機種以上に対応しております。オーダーメイドスマホケースの購入を検討している方は是非、デザインケースをチェックしてみてください。


リリース10周年発売記念