iPhoneのカレンダーに見知らぬ予定が入っている!乗っ取り?ウイルス?【原因と解決方法】

ブログ
2021-09-06
iPhoneのカレンダーに見知らぬ予定が入っている!乗っ取り?ウイルス?【原因と解決方法】

デザインケースは、なかなかお気に入りのケースが見つからない、そんな人にぴったりのサービスです。他の人とは違うオリジナルのスマホケースを作成してみよう!

最近iPhoneユーザーの間で「知らない予定がカレンダーに追加されてる」「知らない連絡先からイベントに招待される」といったことが起こり、困っている方が増えております。知らない予定でカレンダーがびっしり埋まっていると驚きますし、乗っ取りやウイルス被害にあったのでは…と心配になりますよね。

そこで今回は、カレンダーに見知らぬ予定が入る原因やその解決方法についてご紹介します。!

カレンダーを乗っ取られないための対処法もお伝えするので、ぜひ最後までお読みください。


iPhoneのカレンダー乗っ取りとは?

iPhoneのカレンダーに身に覚えのない予定が勝手に追加されている場合や、以前登録したはずの予定が消えてしまっていることをiPhoneのカレンダー乗っ取りと言います。

カレンダーに勝手に入ってくる予定の中には、出席/欠席の返答を求めるものや、警告!とつけて予定の中身を確認させようと誘導するもの、また「あなたの個人情報はすべての人に公開されています」といって不安を煽るものなど、様々な内容があるようです。

身に覚えのない予定でカレンダーが埋め尽くされていたら、誰でもびっくりしてしまいますよね!

iPhoneのカレンダー乗っ取りは2020年の初旬ごろから急激に増え始めているようなので皆さん注意が必要です。



iPhoneのカレンダーに見知らぬ予定が入る原因

iPhoneのカレンダー乗っ取りが起こる原因は、iCloudのカレンダー共有設定を利用することによって、一斉に送られてくるスパムが原因と考えられます。

スパムとは、無差別かつ大量に送られるメッセージのことで、スパム送信者は受信者を誘導してウェブサイトに飛ばし、出会い系やマルチ商法に案内したり、ワンクリック詐欺に利用したりしたいと考えています。

iPhoneのカレンダー乗っ取りで追加される予定が過激な内容なのは、ユーザーの気を引いてウェブサイトに誘導するための罠です。


カレンダーに知らない/身に覚えのない予定が入っていても、iPhoneのそのものが乗っ取られたり、ウイルスに感染している訳ではないのでご安心ください。

「お使いのiPhoneがダメージを受けています!」などという文言で不安を煽ってくることもありますが、落ち着いて冷静に対処しましょう!



iPhoneのカレンダーが乗っ取られた時の解決方法

見知らぬ予定や驚く内容の予定が追加されていても、iPhoneそのものに影響がないことはわかりましたが、関係のない予定がずっとカレンダーに残ったままでは困りますよね。

カレンダーが乗っ取られた時の解決方法は、参加依頼形式のものか、予定追加形式のものなのかによって異なりますが、どちらもカレンダーの予定から消去できますのでご安心ください。


参加依頼形式の場合

イベントへの参加依頼の予定が入っている場合には、画面上部に出てくる「スパムを報告する」という文言をタップし、「削除してスパムを報告」を押すことで予定から削除することができます。

誤って、出席や欠席などの返事やURLをクリックしないように気をつけましょう!

予定追加形式の場合

続いて、身に覚えのない予定/共有カレンダーが追加されている場合には、以下の手順で共有カレンダーを削除してください。

1. ホーム画面から「カレンダー」を開く
2. カレンダー」をタップする
3. 該当の共有カレンダーのiマークをタップする
4.「カレンダーを削除」をタップする

カレンダー削除をタップ後、カレンダー内から身に覚えのない予定が消えていれば正しく行えております。


iPhoneのカレンダー乗っ取りから身を守る方法

冷静に対処すればiPhoneや自分自身に被害がないと言っても、できればカレンダーの乗っ取りには遭痛いたくないですよね

ここからは、カレンダーを乗っ取られないようにする対策を2つご紹介します。


見知らぬ予定には反応しない

スパムから身を守るために最も大切なことは【何も反応を返さないこと】です。

そのため、どんなにドキッとする内容でも「詳細はこちら」などと書かれたURLをクリックしてはいけません。

また、出欠を求めるスパムに欠席と回答する人もいますが、これも絶対にやってはダメです!

iPhoneのカレンダー乗っ取りに反応を示せば、スパムが「反応を貰えるアカウント」と認識し、今以上に迷惑な予定を送りつけてくる可能性があります。

見知らぬ予定には何も反応を返さず、黙って削除することを徹底しましょう。


iCloudの共有をオフにする

カレンダーの共有機能を使っていない人は、あらかじめiCloudの共有機能をオフにしておけば、カレンダーが乗っ取られる心配もありません。

「共有設定は使ってないけど初期設定でオンになっているだけ」という人は、以下の手順でiCloudのカレンダー共有設定をオフにしておきましょう。

1. ホーム画面から「設定」を開く
2. 自分の名前をタップする
3. 「iCloud」をタップする
4. 「カレンダー」の設定をオフ

カレンダーの共有機能を事前にオフにすることで、見知らぬ予定がiPhoneのカレンダーに入ってくることを防げますのでぜひ、こちらも確認してみてください。


まとめ

iPhoneのカレンダーに見知らぬ予定が入る原因と解決方法についてご紹介しました。

見知らぬ予定が入っているとびっくりしてしまいますが、カレンダー乗っ取りの正体はスパムという迷惑行為です。

あなたのiPhoneそのものが乗っ取られたわけでも、ウイルスに感染しているわけでもないので、落ち着いてスパムを削除しましょう。

また、カレンダーの共有を使っていない人は、iCloudの設定をオフにすればスパム被害に遭う心配はありません。

そして何より大切なことは、身に覚えのない予定には何も反応を返さないことです。

何らかの反応を示すことで、追加される予定が増えたり、トラブルに巻き込まれたりする可能性が高くなってしまいます。

皆さんもぜひ、iPhoneのカレンダー乗っ取りには気をつけてくださいね。