デザインケースのアイコン画像

iPhoneの画像編集アプリおすすめ5選【2021版】

ブログ
2021-03-01
iPhoneの画像編集アプリおすすめ5選【2021版】のヘッダー画像

SNSや仕事など日常的に画像を活用することが多くなった今日、画像編集は抑えておきたいスキルの一つですよね。

オーダーメイドでオリジナルグッズを作成しようと思った際にも、簡単な画像編集スキルを覚えているとより自分好みのオリジナルグッズを作成することができます。

今回は初心者でもかんたんに扱える便利な画像編集アプリについて解説します。

手軽に画像編集を行いたい!と考えている方は是非最後までご覧ください!


★この記事で分かること

  • 画像編集アプリの使い方
  • iPhoneの画像編集におすすめのアプリは?
  • 編集した画像のおすすめの使い方

iPhoneでの画像編集は簡単にできる?

画像編集と聞くと特別な操作や、センスを必要とするイメージを持つ方もいるかと思いますが、実際にはポイントを抑えておけばとても簡単に編集作業を行うことができます!

今回は画像編集でのポイントを大きく3つに分けてご紹介します。それぞれの特徴について、一つ一つ見ていきましょう!

1.トリミング/リサイズ

画像の編集を行う際にまず、重要となるのが画像のサイズを決めることです。

一般的な横向きの動画で使用されるものや、YouTubeのサムネイルなどは横16:縦9の比率となっており、いわゆる『1920×1080』サイズのフルHDが使われることが多いです。また、フリマアプリのメルカリなどでは縦横比1:1の640×640の画像が使われることも多いようです。

このように使用するサイトによって最適な画像のサイズが異なるため、まずは目的に応じて画像をトリミング(切り取り)してあげる必要があります。

またサイトによっては画像ファイルのサイズ(大きさ)を制限しているものもあるため、画像サイズの変更、縮小(リサイズ)も覚えておくと便利です。

2.彩度や明るさの調整

続いてご紹介するのが、彩度や明るさについてです。

撮影した写真をSNSなどにUPする際、できるだけ綺麗に見せたいですよね。

そんな時に重要なのが彩度と明るさです。

画像編集では、撮影した写真の明るさや色味自体を変更することができるので、「ちょっと暗いな」と感じる時などは彩度を編集することで明るく見せることができます。

思い出の写真や記念の写真も鮮やかに残すことができます。

上記の写真のように彩度の調整を行うことで写真の印象を大幅に変えることができます。どのような印象の写真にしたいかによって彩度を調整してみてください!

③エフェクトやテキストの追加

最後にご紹介するのが、エフェクトやテキストについてです。

トリミングやリサイズ、彩度や明るさの調整を行った後、最後におしゃれな画像に仕上げるためにエフェクトやテキストを追加します。

画像編集アプリにはおしゃれな画像を作るためのエフェクトやテキストが用意されています。このエフェクトを活用することで注目させたいポイントや文字での解説を画像に入れることができます。


上記の画像のように、集中線やテキストを駆使することでパッと見で注意を引く画像を作ることができるようになります。

iPhoneの画像編集アプリおすすめ5選

それでは実際に初心者でも使いやすい画像編集アプリについて5つ紹介していきたいと思います!

それぞれの特徴も解説していますので、初めて使う方は是非参考にしてください。

①iPhoneの純正フォトアプリ

まず初めに紹介するのは、iPhoneに標準でインストールされている写真アプリについてです。

『え、画像編集できるの?』という方も多いかと思いますが、実は簡単な編集作業であればiPhoneにインストールされているこちらのアプリからも行えます。


iPhoneの純正写真アプリでは主に画像のトリミングと彩度や明るさの調整に便利です。

特に彩度と明るさの調整では自動調整機能が便利で、ワンタッチでAIが画像ごとに合った彩度に調整してくれます。


iPhoneに標準装備されていることや多くの方が写真の保存先としてこちらのアプリを使用していることから、トリミングや彩度調整の画像編集において、おすすめのアプリの一つです!


②ibis Paint

2つ目のiPhoneの画像編集アプリはibis Paint(アイビスペイント)です!

ibis Paintの特徴は、直観操作で編集が可能な点と、豊富なエフェクト素材が特に便利なポイントです。

ibis Paintは基本無料で使用可能で、注目させたいポイントに集中線を追加したり、ポップな吹き出しやテキストを追加することができます。

iPhoneユーザーのみならずiPadユーザーからもお絵描きをするツールとして優秀と評価されております。
iPadをお持ちの方は是非試しにインストールして画像編集を行ってみてください!

③Canva

3つ目に紹介するアプリはCanva(キャンバ)です。
Canvaは編集機能もさることながら、フリー素材が豊富で、自分のイメージに合った画像を1から作れる点が非常に魅力的です。


Instagram向けのストーリーを簡単に作成できたり、PowerPointなどで使うようなプレゼン向けの素材が豊富に準備されています。

また、有料の機能になりますが、人物や物だけを切り取り、背景を自動で透過してくれる機能も搭載されているので、オリジナルのイメージ作成にも非常に便利な機能が備わっています。

④Pics Art

Pics Art(ピクスアート)もiPhoneで画像編集をする際に人気のアプリの一つです。

このアプリでは複数の画像を1枚にまとめるコラージュや、独自のおしゃれなエフェクトも豊富なので、撮影した写真をより“映える”編集ができます!

彩度や明るさの自動調整もワンタッチで行えるので、手軽に編集できる点がとても気に入っています。

また、エフェクトの素材が豊富なので、自分のイメージに合った画像編集が可能なアプリとなっております!

⑤InShot

最後に紹介するのはInShot(インショット)です。

このアプリは彩度、明度の調整だけでなく、多彩なエフェクトやテキストの入力など多岐にわたって活躍できるアプリです。

InShotは基本無料で使えますが、有料会員登録をすると扱える機能が大幅に増えます。

このアプリ一つでほとんどの作業が行えるので、もしエフェクトや操作感が気に入ったという方は有料コンテンツも試してみてください!

おすすめの使い分け方

ここまで5つのアプリを紹介しましたが、目的やアップロード先に応じて使い分けをお勧めします。

トリミングや明彩度の調整は純正フォトアプリや、Pics Art、InShotで簡単に行えるのでこの3つのアプリがおすすめです。

画像の組み合わせや、素材集めであればibis PaintやCanvaの2つが素材が豊富に用意されているのと、複数のレイヤーを重ねて分かりやすく作業が行えるので使いやすいです。

また、エフェクトやテキスト入力であればibis Paint、Canva、InShotが使いやすいのでおすすめです。フォントも豊富なので、イメージに合ったテキストの挿入が可能です!

編集した画像のおすすめな使い方

最後に編集したおすすめの画像の使い方を紹介します!

せっかく編集したのに写真フォルダの中だけに留めておくのは


SNSへアップロード

InstagramやTwitter、Facebookなどで旅先の記録として残しておくと、思い出としても残せますし、友達との話題作りに最適です。

おしゃれな画像で近況報告ができればみんなからの注目度もUPしそうですね!

仕事への応用

画像編集のスキルを身につけておくと、仕事でかんたんな資料作成などが素早く行えるようになってきます。

また、YouTubeやブログのサムネイル、アイキャッチ制作なども副業で受けている方もいるので、スキルを上げていけば、副収入になる可能性もあります!

オリジナルグッズの作成

編集した画像でオリジナルグッズを制作することもおすすめです。

『デザインケース』では、Web/アプリから簡単に世界で一つだけのオーダーメイドグッズを作成することができます。

こだわって編集したお気に入りの画像でオーダーメイドグッズを作成してみてはいかがでしょうか。


ご家族やご友人との思い出の写真を編集してオリジナルグッズとしてプレゼントする!というのも素敵です。

まとめ

今回はiPhoneで使えるおすすめの画像編集アプリについて紹介しました。

SNSやブログ、資料作成などで使う機会も多いスキルなので、興味がある方は今回紹介したアプリを使って、画像編集にチャレンジしてみて下さい!

またオーダーメイドグッズにご興味がある方は是非、編集した画像を使ってオーダーメイドグッズを作成してみてください!