デザインケースのアイコン画像

スマホケースのコーティング【ケースのケース!?】

ブログ

2020-07-01

スマホケースのコーティング【ケースのケース1?】のヘッダー

お気に入りのスマホケースを傷つけたくない方におすすめなのがスマホケースのコーティング。


スマホを使用する中で、壁に擦ってしまったり、ふとした拍子に落としてしまったことが原因で、スマホケースのデザインが剥がれるなんてことがあります。

せっかく気に入っているデザインのスマホケースのデザインが剥がれたら...ショックですよね。


今回はそんなお気に入りのスマホケースのデザインを保護するためのコーティングについてご紹介します。


スマホケースのコーティングとは?

iPhoneケースやAndroidケースなどを守るために役立つのがコーティングです

落下させた時にケースが割れてしまうことや欠けてしまうことは防げないものの、コーティングすることでスマホケースのデザインが剥がれてしまうことを防げます。

「デザイン性にこだわって購入したスマホケースだからこそ!」と保護コーティング行う人は一定数います。

ここからはそんなスマホケースのコーティングの方法についてご紹介します。

コーティングシートを使った方法

最も簡単なスマホケースのコーティング方法は、コーティングシートを使用することです。

コーティングシートをスマホケースより少し大きめ(3~5mm程大きく)にカットしスマホケースの表面(外側)から丁寧に貼り付けていき、余った部分を裏面(内側)に丁寧に貼り付けるだけでスマホケースをきれいにコーティングすることができます。

カメラ穴はカッターやハサミで切り込みを入れ、裏面(内側)に貼り付けることで表面は綺麗にコーティングすることができます。

スマホケースにうまく張り付かない場合はデコレーション用の接着剤をうすーく塗ると綺麗に貼ることができます!

コーティングシートを使った方法ではスマホケースを貼り付ける際に、スマホケースとの間に空気は入らないように綺麗に貼ることや、コーティングシートの余った部分を綺麗に貼り付けることが少し難しいですが、最も簡単なコーティング方法です。

UVレジンを使った方法

スマホケースをしっかりコーティングしたい人におすすめなのがUVレジンを使ったコーティング方法。

UVレジン液をスマホケースの保護したい面全体に薄くムラなく丁寧に塗り、紫外線を30分から1時間程度当てることでUVレジン液が固まり、完成します。

ハンドメイド雑貨を作成している方の中にはもうお馴染みの方もいるかも知れませんが、UVレジン液を使用するとコーティングシートよりも艶感のある仕上がりになります。

レジン液の気泡を取り除くためにエンポスヒーターと呼ばれるヒーターを使用しなければならないことや、ムラなく丁寧に塗っておかないと、後々スマホケースの表面に凹凸ができスマホを持った時に違和感があるなど、手間がかかるので普段からUVレジンを使っていない人には少し大変かもしれませんが、こちらもおすすめです。


デザインケースのスマホもコーティングは必要?

スマホケースのコーティングについてここまで紹介してきましたが、デザインケースで作成したスマホケースもコーティングした方が良いのかな?と思われた方もいらっしゃると思います。


デザインケースが印刷したスマホケースはデザインが剥がれにくい・剥がれないとご利用いただく方から好評を頂いておりますので、過度にご心配される必要はありません。


しかし、使用していく中でスマホケースを擦ってしまったり、落としてしまうことでデザインが剥げてしまうこともありますので、どうしてもデザインが剥がれるのが嫌だという方には、コーティングすることをおすすめします。