ブログ

【厳選】2018年版写真加工アプリ6選!

撮った写真を可愛く加工したい!でもアプリの種類が多すぎて何を使えば良いかわからない……。といった方は多いのではないでしょうか。

今回は、①使い方が簡単、②クオリティが高い、③無料!のアプリを厳選してご紹介します。

写真を可愛く加工できれば、もっと自分好みのスマホグッズを作れること間違いなし!

アプリの使い方をマスターして、可愛いスマホグッズを作っちゃいましょう!

VSCO

インスタグラマーに一番人気のVSCO。無料アプリです。(課金すれば使えるフィルターが増えますが、無課金でも十分楽しめます。)

フィルターがどれも可愛く、しかも細かく調整できるので、自分好みの加工ができます。

特に、空や海など、「青」の写真はこれで加工すると映えます。

元の写真

元の写真。普通のiPoneカメラで撮りました。

「F2」少しレトロな感じ。

「C1」一番人気のフィルター。鮮やかで青が綺麗です。

Foodie

タイトルから、食べ物を撮る専用のアプリだと思われがちですが、そんなことはありません!

VSCOはレトロ系のフィルターが多いのに対し、Foodieは様々な種類のフィルターがあります。

淡い色合い、ピンクっぽい加工、モノクロ、セピア、なんでも入っている万能系加工アプリです。

元の写真

「YU5」淡い写真になりました。

「SW2」淡い×ピンク

「Pl2」ピンクっぽくてガーリーな加工。

HUJI

2017年、若者を中心に爆発的に人気を得たアプリ。セレーナゴメスなどの海外セレブも使用しているそうです。

「写ルンです」風に撮ることができます。フィルムカメラ特有の「ライトリーク」と呼ばれる光線も見事に再現してくれます。

フラッシュも使用することができます!残念ながら、今現在はiPhone用のアプリしかありません。

元の写真

「HUJI」を使って撮った写真。本物のフィルムカメラのようです。

いつもの何気ない風景写真も雰囲気が出ますね!

写真上の虹色の線が「ライトリーク」と呼ばれるもの。一気にフィルムカメラ感が出ます。

背景透過

好きな写真の背景を透過して切り抜きできるアプリ。

自動と手動を切り替えられるので、細かい部分まで綺麗に切り取ることができます。

 

元の写真

自動と手動をうまく切り替えながら、背景を透過します。黒い部分が透過されます。

背景の表示を変更できるので、ご自身の見やすい表示で作業できます!

背景透過させたパンケーキの写真を使って、「デザインケース」アプリでケースを作って見ました!

patternator

AppStoreのベストオブ2016に選ばれた無料アプリ。

自分で撮った写真を好きなパターンに編集できたり、好きなから自分好みのステッカーパターンが作れちゃいます。

元の写真

ご自身の好きな写真を切り抜いてステッカーを作ります。

背景の色を選択したら完成!とても簡単でびっくりしました。

完成したパターン画像を使って、「デザインケース」アプリでケースを作って見ました!

Color Tune

色で遊べるアプリです。写真の好きな部分だけ、色をつけることができます。

スタイリッシュな写真に加工できます!花や食べ物など、元が色鮮やかな写真だとより映えますよ。

元の写真

好きな写真を選ぶとモノクロで表示されます。色をつけたいところだけをなぞっていきます!

完成!

花の画像で作業すると、花の鮮やかな色が際立って素敵な写真になります!

いかがでしたでしょうか。

どれも簡単に可愛く加工できるアプリでしたね。

気になったものがございましたら、インストールして使ってみてください!

世界でひとつのオリジナルスマホケースが作れるアプリ「デザインケース」
オリジナルスマホケース・手帳型ケース・パスケース・モバイルバッテリー・スマホリングがアプリで手軽に作れます。
作り方は簡単!アプリをダウンロードしたら、まず作成する機種を選んでください。
カップルでお揃いのデザインや、お子様の写真、ペットの写真や、思い出の写真などを貼り付けてみましょう。他にもアプリ内で、背景画像・スタンプ・文字を組み合わせることができます。
注文後1週間~10日間で届きます。
1,980円〜と格安でオーダーメイドケースやグッズが作成できるので、プレゼントにもぴったりです。
おしゃれでかわいいオリジナルグッズを作成して、毎日の生活をもっと素敵にしてみてはいかがでしょうか♪